トイレの匂い消しで携帯に便利なもの

外出先とかで自分が大便をした後に、まだ臭い便所の中に、順番待ちですぐ次の人が入ってきたりすると、すごく恥ずかしくて、その場からすぐに逃げ出したくなりますね。

さらに最悪なのは、自分がトイレを使う前からすでに臭くて、自分が用を足し終わってもまだ、前の人の臭いにおいが残っていて、そこに次の人が入ってきたときなんかは、「臭いのは自分の前に使った人だよ!」と言い訳したくなります。

街の喫茶店とかであれば、後からトイレに入ってきた人とは、もう二度と会わないから、臭いと思われても構わないでしょうが、これが、職場のトイレとかだったら最悪です。次の日から「あいつのうんこは臭い」という噂を流されてしまいます。そんなときのために、携帯用の消臭スプレーを探している人も多いのではないでしょうか。

私も日本の薬局でよく売られている四つのトイレ用携帯用消臭スプレーを試してみて、使い勝手をレビューしてみたので、ご覧ください。

まさにトイレ消臭剤を持ち運びたい人のための商品「一滴消臭元」

持ち運びをしたいのであれば、一番のおすすめは小林製薬の「一滴消臭元」です。なぜかといえば、まずこの大きさを見てみてください。

トイレの匂い消しで携帯に便利なもの

この大きさは、いろいろな消臭剤の中でもサイズは一番小さく、手のひらに隠れてしまうほどの大きさ、女性が使うマニキュアと同じくらいの大きさです。これなら、セカンドバックに入れても邪魔になりません。

飛行機にも持ち込みできる唯一の消臭剤

また、携帯用の消臭剤を飛行機のトイレでも使いたいという人も多いのですが、飛行機の場合、スプレータイプは持ち運びできないので、自動的にスプレー方式ではなく水滴をたらす液体タイプのこの商品だけが唯一の選択肢でしょう。ちなみに、飛行機への機内持ち込みの液体の量は、一容器あたり0.5リットルなので、余裕で持ち込むことができます。

また、持ち運びに適しているもう一つの理由は、消臭剤を使うときにスプレー音がしない点です。人によっては、スプレーをする音がトイレの外にいる人に聞かれたくないという人もいるでしょう。これなら、水滴をたらす方式なので、音はまったくしません。またスプレーをまきすぎると、その空気でむせてしまうこともありますが、もちろんこれなら、むせることも一切ありません。

肝心な効果ですが、液を垂らしてから数秒して、効果が表れてきます。消臭効果もあるのかもしれませんが、それ以上に芳香剤の香りがかぶさって、大便後の臭いにおいはまったく感じなくなります。

使った人の感想では、効果を感じないという人もいるようですが、その人はよっぽど臭いウンチをしているのか、トイレがあまりにも臭すぎるのかもしれません。ただ、その場合でも、この消臭液を、いろいろな場所に垂らせば、確実に臭いにおいを消すことができるはずです。

入る前のトイレの消臭や介護の現場でも大活躍

トイレの消臭剤というと、多くの人は、自分の使った後のトイレの消臭として使う人が大半でしょうけども、この「一滴消臭元」は、持ち運びが簡単にできるので、外出先のトイレに入るときに、臭いトイレの匂いを消して、自分がトイレを使うときに、快適にトイレ内で過ごせるように、使う前の消臭としても便利に使えます。

また、介護で臭いおむつの取り換えをしなければならない人が、この消臭剤をおむつに垂らして、においを消すという使い方をしている人もいるそうです。

640滴使えるコスパの良さも他を圧倒

そしてこれは、金額は一つ400円程度と、値段は他の携帯消臭剤とあまり変わりませんが、しかし、使える回数はスプレータイプよりも圧倒的に多く、値段的にも非常に魅力的な商品です。

速効性を求めるなら「 トイレその後に」

こちらはスプレータイプの消臭剤。これも、持ち運びがしやすい、非常に小型のスプレーです。大きさは、ゼブラのハイマーキというマジックが短くなったくらい、単三電池縦二本分くらいの大きさで、「一滴消臭元」よりは大きいですが、それでも、まだ十分小さいですね。

しかも細長いので、逆に一滴消臭元よりもバッグの中でのおさまりはいいかもしれません。

トイレの匂い消しで携帯に便利なもの 1

これはスプレータイプで、使うときは空中に向けてシュッとスプレーします。そうすると中の消臭剤が空中に広く噴霧されます匂いは空気中を漂っているので、スプレータイプの消臭剤であるこの「トイレその後に」は効果てきめん。臭いにおいはスプレーしたあとにすぐになくなります。

液を垂らすタイプよりも、スプレータイプの方が好きだという人もいるでしょう。

たったの15回の最悪のコスパで残量もわからず

ただし、このスプレーは容量23mlで、その使用回数はたったの15回。金額も一つ500円。スプレーを一回噴射すると33円と、コストパフォーマンスは非常に悪いです。

スプレータイプで一番小さい消臭剤ではありますが、こんなに使用回数が少ないと、外出先で、使いたいときにスプレーが終わってしまったなんてことになりかねません。

そもそも、液体タイプと違ってスプレータイプは、残量が見えないので、あとどのくらい使えるかもわかりません。スプレーもガスを充てんしたタイプなので、スプレーをするときに、「シュッ」と音がするので、それが気になる人もいるでしょう。

大きさ的には申し分もなく、消臭効果も抜群ですが、外出先で使う際の実用性は格段に劣ります。

オシャレさは一番の「気くばり女子のトイレミスト」

エステー化学から発売されている携帯用のトイレ消臭剤である「気配り女子のトイレミスト」は、名前もおしゃれですが、パッケージもまるで化粧品。お化粧道具の中に混じっていれば、まさかこれがトイレの消臭剤だとは思われないでしょう。

大きさも、「トイレその後に」よりも気持ち小さめで、細いマジックと同じくらいの大きさで、持ち運びするのにも便利です。しかも、トイレその後にがたったの15回しかスプレーできないのに比べ、こちらは80回噴射できるので、コスパはトイレその後によくなっています。

トイレの匂い消しで携帯に便利なもの 2

他と比べると少々頼りない効果?

気になる効果ですが、エステー化学が消臭剤として販売していることからも、一定の消臭効果はあり、多くの人の消臭するという目的にかなうことでしょう。ただ、このスプレーは手動のポンプ式なので、ガススプレーと比べると噴霧の霧は大きめです。そのため、霧が空中に漂わずに、地面に落ちてしまうような感じです。これは、香水やコロンのように、においを身に着けるような使い方をするのには適していますが、消臭のように、空気に漂う悪臭を消すのには、あまり向かないように思います。

とはいえ、多くの人が想定するトイレのあとの臭いにおいを消す消臭効果はきっちりありますので、消臭剤におしゃれさを求めている人には、唯一無二の選択になるでしょう。

アース製薬「スッキーリエア!Sukki-ri! 」

金鳥「 トイレのニオイがなくなるスプレー トイレ用 消臭剤」

商品名がとてもインパクトのある金鳥の消臭剤「1プッシュで瞬間消臭 トイレのニオイがなくなるスプレー トイレ用 消臭剤 200回分 無香性 45ml」。この商品名を見て、衝動買いしてしまう人も多いのではないでしょうか。

大きさも、今まで採り上げてきたトイレ用の携帯消臭剤のなかでも一番大きいサイズ。七味のビンみたいな感じのちょっとずんぐりむっくりしたサイズなので、持ち運ぶには、ちょっとためらってしまう人も多いかもしれません。

その代わり、容量は、携帯用スプレータイプの中では断トツで、ガス充填式のスプレーでありながら200回分の噴霧ができます。金額も500円程度と、一般的な携帯消臭剤と同じ値段なので、コスパはスプレー式の中では一番いいです。

トイレの匂い消しで携帯に便利なもの 3

効果はあるけど持ち運びはちょっと大変

気になる消臭効果の方ですが、さすが、空気中に噴霧するタイプのものだけあって、直ぐに消臭効果を感じられます。ガス充填式のスプレーなので、噴霧の霧も極小のため、消臭剤がいつまでも空気に漂ってくれます。

臭気の強さやトイレの環境によっては、一回のプッシュでは匂いが消えないこともあるかもしれませんが、そういう場合でも、何度かスプレーを繰り返せば、完全に匂いを消すことができるでしょう。しかもこれは200回分のスプレーができますので、容量をあまり気にせずに心おきなくスプレーできます。ただ、サイズは少し大きいですし、デザインも、いかにもトイレの消臭剤っぽいデザインなので、持ち歩いているのを他の人に見られると、ちょっと恥ずかしい思いをするでしょう。

どうしてもスプレー式にこだわっていて、しかも大量に使う必要がある場合には、とてもいい選択肢となります。

まとめ

なんといってもおすすめはやはり、一滴消臭元。これがあると、面白いように臭いにおいが消えるので、むしろ臭いトイレに行くのが楽しみになるくらいです。また、スプレーと違って、液を垂らすタイプは音もしないし、目立たないので、介護の現場などでも大活躍。小さな子供がいて、おむつの交換をしなければならないときなんかにも、活躍しそうですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました