ハロウィンのお菓子の定番に変化!配るお菓子に手作りはNG!

ハロウィンのお菓子は手作りしなければいけないと思っていませんか?実は手作りお菓子でなければいけないというのは日本人の勘違いであって、本場アメリカでは、手作りお菓子をあげることはまずありません。

パーティーに招いた人たちに手作りお菓子を振舞うことはあっても、子供たちに配る用のお菓子は市販のお菓子をあげるのが普通で、もし手作りお菓子を用意しなければいけないと思っているのであれば、それは日本だけの風習です。

しかも最近でも、安全面や衛生面といった理由から、日本でも手作りお菓子ではなく、市販のお菓子を配るスタイルが普及しつつあります。

本場アメリカで配るハロウィンのお菓子の定番と量

ハロウィンのイベントが昔から盛んなアメリカでは、ハロウィンの日には近所の子供が何十人も引っ切り無しにやってきては、お菓子をねだります。そのため、一軒の家庭がハロウィン期間中にお菓子をもらいに来る子供の人数は、50人近くにもなるともいわれています。

何人来るかわからない子供のために、どのくらいお菓子を用意しておけばいいのか悩ましい問題です。そうした物理的、現実的問題もあって、個別包装されている市販のお菓子を渡すのが定番となっています。

市販のお菓子というと味気なく聞こえますが、ハロウィンが盛んなアメリカでは、ハロウィンの季節になると、ハロウィン用に放送されたお菓子がたくさん販売されるので、そうしたものを配ります。

ハロウィンのお菓子の定番のトレンド!配るお菓子に手作りはNG! 2

数量に関しても、その個別包装のお菓子を数個だけあげます。

なんか、少なすぎるように思うかもしれませんが、あげる側としては、アメリカの場合は、地域にもよりますが、一つの家にやってくる子供の数は、50人を超えます。となると、五十個のお菓子を用意しなければならない計算になります。

50個!結構多いですよね。

となれば、一人の子供の訪問者にお菓子一つだけ、というのも、わかる気がします。またもらう側の子供としても、一軒だけに行くわけでなく、近所の家、何軒も回ります。10軒、20軒回ります。回れば回るほど、お菓子をもらえるので、とにかくたくさんの家を回ります。

となれば、一軒一軒からもらえるお菓子は少なくても、たくさん回って、たくさんのお菓子をゲットできるというわけです。

アメリカでのハロウィンお菓子の定番 →個別包装のお菓子

ハロウィンのお菓子の定番のトレンド!配るお菓子に手作りはNG!

日本での配る定番のハロウィンのお菓子の傾向

一方、日本ではアメリカとは事情が異なりますので、定番も変わってきます。

日本の場合、赤の他人が赤の他人の家にお菓子をもらいに行くということは、ほとんどありません。

そもそも、ハロウィンという文化がなかったので、こどもがお菓子をもらいに行ったところで、訪問先のご主人は、子供にお菓子をあげなければいけないという習慣がわからず、戸惑ってしまうでしょう。

日本の場合、ハロウィンでお菓子を配るとなると、気心知れた人同士となりますので、そうなると、お菓子をあげる人数も、数人程度です。

また、気心知れている間柄なので、個別包装のお菓子を一つだけあげる、というのは、あまりにもみすぼらしいため、詰め合わせのお菓子をあげるのが定番です。

日本で子供に配るためのハロウィンのお菓子の定番 →袋詰めお菓子

袋詰めの中のお菓子の定番は次の通り

[su_box title=”袋詰めするお菓子の定番” radius=”6″]

  • チョコレート
  • クッキー、ビスケット
  • キャンディー
  • スナック菓子

[/su_box]

ハロウィンのお菓子の定番のトレンド!配るお菓子に手作りはNG! 1

これだけで、子供は十分喜びますが、ただ、見た目がハロウィンらしくなくて、寂しいですよね。でも、ちょっとした工夫で、ハロウィンらしくなります。

ハロウィン仕様の詰め合わせお菓子の正体

最近はハロウィン用の詰め合わせお菓子も売られるようになっているので、シーズンになると近所のスーパーでも特設売り場でハロウィン用の詰め合わせお菓子が売っていることもあるかもしれません。

そうしたものを買ってくるのが手っ取り早いかもしれませんが、でも、意外とただ単に、ラッピングや包装がハロウィンの飾り付けをしてあるだけで、中に詰めあわされているお菓子は、ごく普通の市販のお菓子であることがほとんどです。

ハロウィンのお菓子の定番に変化!配るお菓子に手作りはNG!

ですので、個別包装のお菓子を買い漁って、自分で袋詰めして、その袋をハロウィンっぽく飾り付けてもいいでしょう。今は、お菓子メーカーの各社から、ハロウィンのシーズンになると特別にハロウィンのイラストが入ったお菓子や、ハロウィン風味のお菓子が販売されるので、そうしたものを数種類かって、自分でブレンドするのも一つのアイディアです。

ハロウィンのお菓子の定番に変化!配るお菓子に手作りはNG! 1

まとめ

ハロウィンのパーティーでゲストをおもてなしするのであれば、手作りお菓子も喜ばれますが、もし子供に配る用のお菓子でしたら、市販のお菓子の方が喜ばれます。

市販のお菓子は、ハロウィン用のものがたくさん販売されているので、それを買ってきてもいいですし、普通のお菓子を袋に詰めて、その袋をハロウィンっぽく飾るだけでも十分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました