雪に車がはまった時の対処法!自力で脱出するためにできること

車が雪の中で動かなくなってしまった!

焦りますよね。どうしよう?JAFを呼べばいいなんてことは、誰だってわかります。でも、JAFを呼んだらいくらかかるのか!そもそも、JAFに電話しても、全然つながらないし。となれば、なんとか自力で脱出できないだろうか?自分で何をやれば脱出できるか、その非常手段をお教えします。

とにかく周りの人に手伝いを頼んで押してもらう

雪にはまったときに、一番簡単で効果があるのは、周りの人に手伝ってもらって、車を押してもらうことです。雪道にはまったときの脱出方法はいろいろとありますが、人に押してもらうというのが、もっとも簡単で道具も必要なく効果的な方法です。手伝ってくれる人を頼むのが苦手だという人もいるかもしれませんが、もし、あなたが道の真ん中とかで雪にはまってしまった場合、あなたの車が邪魔で後続車が進めなくなるようなときは、後続車の人が、自然とあなたの車を動かすために手伝ってくれるでしょう。

雪に車がはまった時の対処法!自力で脱出するためにできること 1

一人ぼっちなら車を前後させてタイヤの周りの雪を踏み固める

一人ぼっちで周りに手伝ってくれる人がいない場合は、まず車を前後させることで、タイヤの周りの雪を固めます。この時に注意したいのが、タイヤを急激に回転させたり、空転を続けると、タイヤの周りの雪がカチカチの氷状態になって、余計に雪に埋まってしまい、かえって脱出できない状況になってしまいます。よって、車を前後させるときは、アクセスペダルは優しく踏むようにします。

タイヤと雪の間にフロアマットや布や木材などを挟む

摩擦力を起こすために、タイヤと雪の間に何かを挟むのも、雪はまりの脱出において、非常に有効な方法です。といっても、いざとなると、なかなか、はさむものの持ち合わせがないものですが、ここはアイディアの見せどころ。とにかく何でもいいから、タイヤの間に放り込みましょう。よくあるのが、車のフロアマット。これなら、ほとんどどの車にも標準で装備されています。それでも足りなければ、座席の座布団、自分の着ているコートなどもあります。

めぼしい物がなければ、トランクを開けてみて、なにかタイヤの間に挟めそうなものを物色します。トランクにもなければ、今度は道端に落ちている、木の枝、石ころなど、とにかく手あたり次第、目にしたものすべてをタイヤの下に放り込んでみましょう。

ここで注意したいことが一つあります。タイヤにものを挟んで、アクセルを踏むと、タイヤと雪の間に挟んだものが、勢いよく飛び出ることがあります。それが人にぶつかってけがをしてしまったりすることがありますので、注意してください。

タイヤや雪道に砂をまく

雪が良く降る地域などでは、道路わきに雪から脱出するための砂が、砂箱として用意されていることがあります。砂は雪とタイヤのグリップ力を高めるのに、非常に役立つアイテムです。身の回りに、砂箱が用意されていないか、探してみましょう。

使い方は、タイヤや、タイヤが接地する付近に振りかけます。そうすると、タイヤと雪の摩擦力があがり、タイヤがグリップするようになります。

雪に車がはまった時の対処法!自力で脱出するためにできること

車のタイヤの空圧を下げてみる

ほとんどの道路が雪に覆われていて、道の地肌がほとんど見えないようなところでは、タイヤの空圧を下げるというのも、雪はまりからの脱出において、非常に有効な方法です。

雪道に車がはまってしまう原因は、タイヤがグリップ力を失うためです。よって、タイヤのグリップ力をあげることで、雪道からすんなり脱出できることがあります。雪道において、タイヤのグリップ力を増す方法としてもっとも手軽なのが、タイヤの空圧を下げるというものです。

タイヤの空圧を下げると、タイヤが雪を掴むようになるため、雪の中でもグリップ力が格段に良くなります。また、これは何の準備も必要もないので、まず試してもらいたい方法ではありますが、注意点もあります。

まず、タイヤの空圧が下がったまま、雪の積もっていない舗装された道路を走ると、タイヤが傷むし、ホイールにダメージを与えることもあることです。よって、雪道から脱出できたあとは、速やかにタイヤの空圧を適正空圧に戻さなければなりません。

また、タイヤの空気入れ等の持ち合わせがなければ、タイヤの空気を抜いてしまえば戻すことができません。タイヤの空気を抜きすぎないように注意しましょう。

けん引してくれる車両を探す

ここまでやっても、なかなか脱出出来なければ、けん引してくれる車両を探しましょう。といっても、車を押してくれるのを手伝ってくれる人は見つかっても、けん引してくれる人を見つけるのは、かなりハードルが高いのが実情。けん引してくれそうな車両が見つかったとしても、けん引ロープを備えていないことがほとんどでしょう。

ここで注意したいのが、かならずけん引専用のロープを使用することです。車は非常に重いですから、その荷重に耐えることができるロープを使用しないと、直ぐにちぎれてしまいます。

ロープがちぎれてしまえば、引っ張る車が急発進のために、二次災害を起こしてしまう危険性さえありますので、けん引ロープがないときは、けん引はあきらめましょう。

どうやっても雪の中から車が脱出出来ないときは

どうやっても無理だ!となったときは、どうすればいいのでしょうか?まず、絶対にやってはいけないことは警察や消防への連絡です。本当に事故であるならば、呼ぶべきですが、ただ単に雪道からの脱出を手伝ってもらおうということだけで呼ぶと、かえって大変な目にあいます。

事故を装って警察に連絡し、手伝ってもらおうとしても、警察は事故の現場検証をするだけで、車両を動かす手伝いは一切してくれません。それどころか、長い現場検証に付き合わされて、かえって二重三重の手間になるだけで、肝心な雪道脱出できるまでに、余計な時間を使ってしまうことになります。また、警察がレッカー業者などを紹介してくれたとしても、一般のロードサービスよりもかなり高額なサービスだったりします。

1、加入している車両保険の会社に電話する

業者に助けを求める前に、まず確認したいのが自分の加入している保険会社です。あなたの加入している保険のプランによっては、雪道からの脱出も対応してくれる場合があります。

たいてい、ダッシュボード内に保管してある書類の中に、あなたが加盟している保険の連絡先電話番号などが記載されていますので、まずはそこに電話をかけて、雪道からの脱出をお願いしたい旨を伝えてみましょう。

2、JAFに電話する

最終手段はJAFへの連絡です。JAFへの通話は有料ですし、雪道からの脱出となれば、数万円かかることになります。しかし、24時間365日対応してくれて、たとえ時間がかかっても、必ず救出に来てくれます。

[su_note]

JAFロードサービス救援コール
0570-00-8139

[/su_note]

まとめ

これを読んでいる人のほとんどは、もうすでに雪の中を脱出しなければならないというトラブルに巻き込まれている方が大半でしょうが、次回また同じことが起きないように、いまから、雪道脱出のための最低限の道具をそろえておくことを、おすすめします。 →雪の中を走る車に必要なもの、備えておきたい安心グッズ!全部揃えても1万円以下!

コメント

タイトルとURLをコピーしました