静電気を除去する簡単な方法!すぐにできて効果抜群!

毎日、どこか触るたびに、パチパチに悩まされているあなた!静電気防止できるはずのブレスレットを付けているのに、静電気が起きて困っているなら、ぜひこの簡単な方法を試してみてください!

簡単にできるのに、その効果にきっと驚くはずです。

指先ではなく手のひらから触れるようにする

静電気でパチっとなる状況で一番多いのが、ドアノブを握るときです。このような状況で、パチっという静電気を除去するのは、実は非常に簡単。

ただ単に、ドアノブをつかむときに、指から握ろうとするのではなく、手のひらをドアノブにあててから、ドアノブを握るようにします。簡単で、しかも非常に効果のある方法です。

実は手のひらでドアノブを触るときに、静電気がパチッと来ても、手のひらは鈍感なので、痛みを感じないというからくりなのです。

家のドアを開けるとき、車のドアノブを触るときに、いつも静電気のパチに悩まされていた人は、このちょっとしたコツを覚えるだけで、静電気のパチから解放されます。

ドアノブを握るのは、毎日の動作なので、その動作を変えることは、慣れないうちは難しく感じるかもしれませんが、この方法を知ってから、ドアノブを触るのが怖くなくなりました。

静電気を除去する方法!とにかく簡単な方法が知りたいというあなたに

壁や地面などをいったん触ってから金属に触る

静電気でパチっとくるのは、身体に静電気が帯電しているためです。この帯電した静電気を放電することができれば、パチッとなることはありません。

では、放電はどうすればできるのでしょうか?

これも知ってしまえば実に簡単なことなのですが、静電気が発生しやすい金属を触る前に、電気を通す素材に触れることで、体内にたまった静電気を放電させます。では、身の回りにある電気を通す素材とは、具体的にどのようなものでしょうか。これは、木、土、コンクリート、アスファルトなど、壁や床や地面です。

具体的な手順としては、ドアノブを触る前に、まず、壁や木のドアなどをしばらく触ってから、ドアノブに手をかけるようにします。なお、電気を通さない絶縁体の、プラスチック、ゴム、ガラスは、さわっても放電されないので注意してください。

静電気を除去する方法!とにかく簡単な方法が知りたいというあなたに 1

手を洗う、ハンドクリームをつける

手に水分を補給すると、身体にたまっていた静電気の放電が促進されるからです。よって、手の洗ったりハンドクリームを手に塗り込むなど、手を湿らすことで、静電気がどんどん体から大気中に放出されるようになります。

静電気が冬によく発生する原因の一つに、冬は夏よりも乾燥しているという点があります。それは大気だけでなく、人間の肌、皮膚も乾燥しやすいため、なおさら静電気が発生しやすくなっています。

冬に静電気に悩まされる人は、ハンドクリームを携帯して、頻繁に塗るようにしてみてください。静電気が消えるだけでなく、お肌もツルツルになって一石二鳥ですよ。

静電気を除去する方法!簡単だけど効果がある

衣服対策は静電気防止スプレーを吹きかける

冬の静電気の発生減のメインは洋服です。ですから、服自体が放電しやすいようにすると、静電気の発生は驚くほどなくなります。そして服の静電気をピタッと止める方法が、静電気防止スプレーをかけるというものです。

その仕組みはいたって簡単。静電気防止スプレーを服にかけることで、洋服全体から静電気が放電されるようになるわけです。

特に静電気が発生しやすい洋服の素材というものがあります。それに関しては下で説明していますので、そうした素材の服には特に、こうしたスプレーをかけるようにすると、静電気除去効果はさらに高まります。

スプレーは今は百均でも買えますが、簡単に静電気防止スプレーを自作できるので、お気に入りのアロマを使って自作してみてはいかがでしょう。

静電気を除去する方法!簡単だけど効果がある 2

静電気除去ブラシを使う

あらかじめ静電気が発生する場所がわかっているのであれば、静電気除去効果のあるブラシでなぞるのことで、静電気除去効果を得ることができます。

ブラシは設置面積が広いため、かなり効果的に静電気を除去、放電させることが可能になります。実際、静電気除去ブラシは、その効果の高さと、やりやすさから、静電気が発生しやすい機器を扱う、電子音楽関係者、テレビ技術者、パソコン技術者、精密機器の組み立てなどの業務でよく用いられている方法です。

静電気除去ブラシは、用途に合わせて、洋服に使用するもの、パソコンやテレビ、音響機器などに使用するものとあり、効果は同じですが、それぞれの目的に合わせて使いやすいかたちになっています。



洗濯の時に柔軟剤を使う

お洗濯をするときに柔軟剤を使うことで、静電気を除去することができます。正確には、静電気が発生しにくくなります。

洋服から静電気が発生する理由は、洋服同士がこすれるためです。柔軟剤を使用して柔らかくなった洋服は、こすれが軽減するために、静電気の発生もすごく抑えられるようになります。

最近では静電気除去効果をうたった柔軟剤も販売されていますので、そうしたものを使うのも一つの手でしょう。

静電気を除去する方法!簡単だけど効果がある 1

着る洋服の種類や組み合わせ、着方に気を配る

静電気は化学繊維から発生しやすく、天然素材のものからは静電気は起きにくいです。よって、天然素材のものを着ると、より静電気の発生が起きにくくなります。

天然素材とは、綿、絹、麻、リネン、ヘンプ、カシミヤ、ウールなどをさします。逆に静電気が起きやすい洋服は、フリースやヒートテックなどです。

たとえ天然素材のものを身に着けていたとしても、化学繊維のものを重ねてきてしまうと、静電気は発生してしまいますので、ご注意下さい。特に一番静電気が起きやすい組み合わせは、「フリースとウール」です。

ファッションセンスの関係上、静電気防止の観点での洋服選びは難しいかもしれませんが、そうした場合は、積極的に静電気防止スプレーなどを利用しましょう。

また、洋服の着方ですが、静電気が発生するのは、繊維同士がこすれた時ですので、繊維がこすれないように、なるべくぴっちりとした洋服を着たり、コートなども衣擦れが起きないようにすると、だいぶ静電気の発生をおさえることができます。

部屋を加湿する

部屋の中が乾燥すると、静電気が発生しやすくなりますが、湿度を挙げると、静電気はその水分を伝って放電し、静電気は除去されます。

部屋の中を加湿することは、静電気除去だけでなく、インフルエンザの予防にもなりますので、静電気に悩まされているのでしたら、積極的に加湿器を使うのもいいでしょう。

静電気除去ブレスレットはほとんど効果ありません

簡単な静電気の除去の方法の中に、静電気除去ブレスレットを使用するというのが出てこなくて、不思議に思った人もいることでしょう。ブレスレットを付けるだけで、静電気から解放されるというのは、とても魅力的に聞こえますよね。

最近では百均でも盛んに売っていますが、静電気除去ブレスレットの効果はほとんどありません。たとえ金額が高いものでも、その効果は、あなたの期待を裏切ることになるでしょう。

静電気除去ブレスレットの仕組は、身体にたまった静電気を、ブレスレットを通して放電するというものです。理論的にはありえなくないのですが、たとえブレスレットが体に帯電する静電気を集めることができたとしても、それをブレスレットのような小さな面積から大気に放電するというのは、非常に難しいことです。

まとめ

ここで紹介した方法は、お金も大してかからず、簡単にできるようなことばかりですので、静電気に悩んでいる人は、片っ端から試して、今年は静電気のない年にしましょう。

静電気を除去する方法!簡単だけど効果がある 4

コメント

タイトルとURLをコピーしました