ハロウィンの仮装をさりげなく!お手軽なワンポイント仮装のアイディア

ハロウィンに参加するので、なにかしら仮装をしなければならないんだけど、ハロウィンの仮装をしたことで「イタいやつだ」なんて思われたらどうしようと心配な人もいることと思います。

あるいは、会社帰りに参加しなければならないから、スーツを着替えることはできないけど、ハロウィンっぽいワンポイントの仮装が欲しいという人もいるでしょう。

そうした人たちのために、とりあえず服装は普段着で、ハロウィンっぽさは無いけども、どこか一つ、ハロウィンだってことがわかるようなワンポイントな仮装だけでいいという人向けに、それほど目立たないけど、一応ハロウィンに参加してます、みたいなさりげなくアピールができるような、ワンポイント仮装のアイディアを紹介します。

カチューシャなら服装選ばずすぐにハロウィンモードに

さりげなさとアピールを両立できるワンポイント仮装のトップが、ハロウィンカチューシャです。

仕事帰りにハロウィンパーティーに行かなければいけないから、衣装とかは用意出来ずにスーツだったりしても、カチューシャを付けるだけで、一気にハロウィンモードに突入できます。

手軽ですし、わりと服装を気にせずにつけることができるので、ワンポイント仮装として、お勧めです。

もし、場の雰囲気に合わずに浮いてしまったらどうしようと思うのでしたら、直前までバッグの中に忍ばせておいて、様子をみて装着するなんてこともできますので、さりげなくハロウィンの仮装をしたいというのであれば、一押しです。

ハロウィンの仮装をさりげなくしたい人に!ワンポイント仮装アイディア集

タトゥーシールも手軽でさりげない仮装にぴったり

タトゥーシールを顔に貼るのも、とてもさりげない仮装としておススメです。フェイスペインティングやメイクと違って、顔を汚してしまうことがないので、後処理も便利です。

タトゥーシールにもいろいろ種類があって、本格的なトライバルシールのものもあれば、フランケンシュタインの傷のようなものもあったり、ハロウィンのカボチャ、蜘蛛の巣、骸骨などのキャラクターのシールなどもあります。

最近では百均でもそうしたハロウィン用のタトゥーシールを売っているところもありますが、けっこうすぐ売り切れてしまうし、再入荷もあまりしなかったりするので、百均をのぞいてみて、あったら即買いしておきましょう。

ハロウィンの仮装をさりげなくしたい人はお手軽なワンポイント仮装をしよう

シールではなく血糊を使いたいというのであれば、血糊を家にあるもので簡単に作る方法を紹介していますので、ご覧ください。

仮面舞踏会風マスク/ベネチュアンマスク

ベネチュアに行くとお土産屋さんで売っている仮面舞踏会用のマスク。これも、服装を選ばずに、あっという間にハロウィン仮装モードに突入できます。

このマスクは、もともと、高貴な身分の人たちが、自分の正体を隠すためのものだったので、このマスクをかけると、大人の雰囲気になります。

また、もともと顔がわからないようにするものなので、このマスクをしていれば、相手は自分のことがわからなかったりするので、恥ずかしがり屋の人には、ピッタリの仮装ともいえます。

百均でもそれっぽいものが売っていることもありますが、おしゃれで質のいいものだと、見るからに高そうで、数万円するものもあります。

いいものをじっくり選んでみてはどうでしょう。

ハロウィンの仮装をさりげなくしたい人はお手軽なワンポイント仮装をしよう 1

ハロウィン的タイツ/ストッキング

女性限定となりますが、ハロウィンっぽいタイツ、ストッキングもワンポイント仮装として使えます。服装はスカートや半ズボンなど、足が見える服装に限定されてしまいますが、なんせ、はくだけで、仮装の完成なので、手軽です。

ハロウィンに参加しています、というアピールを強くしたいのであれば、黒とオレンジのストライプのストッキングやタイツがいいでしょう。

ハロウィンの仮装をさりげなく!お手軽なワンポイント仮装のアイディア

ハロウィンっぽさよりも、よりさりげなく、あまり目立たなくしたいのであれば、黒一色の蜘蛛の巣柄のタイツ、ドクロ柄のタイツ、コウモリ柄のタイツなどを選ぶといいでしょう。

こうしたハロウィン柄のタイツですが、あえて普通の服装、会社に来ていくスーツなどに組み合わせて、タイツだけハロウィン柄にする、というのは、とてもさりげないながらも、しっかりとハロウィンアピールできていて、とても好感度アップですね。

ハロウィン帽子・被り物

ハロウィンの帽子や被り物なども、今ではたくさん販売されています。ドン・キホーテをはじめ、百均でもたくさん売られているので入手も簡単ですし、またいろんな種類から選ぶこともできます。

しかも、被るだけで、一気にハロウィンモードになりますので、ワンポイント仮装の効果は抜群です。

ただ、帽子ならまだいいかもしれませんが、被り物となると、ちょっとおふざけ度が強くなってくるので、恥ずかしがり屋の人には、敷居が高くなってくるかもしれませんね。

ハロウィンのワンポイント仮装としての服装のアドバイス

さりげないワンポイント仮装として考えた場合、服装やアクセサリーでハロウィン気分を出すことももちろんできますが、ただ、服装でハロウィン気分を出すとなると、普通に仮装するのと同じくらいの規模になるか、あるいは、あまりにもさりげな過ぎて、ハロウィンの仮装をしたと気づいてもらえないかの両極端のどちらかになってしまいます。

ですから、服装はあくまでも普段着、あるいは仕事着、なんでもいいのですが、あまりハロウィンを意識しないいでたちで、そうした中で、上記のようなワンポイントを加えることで、よりさりげなさを演出することができるのです。

まとめ

ハロウィンは年を追うごとに盛り上がっているので、ハロウィンのシーズンにパーティーに呼ばれたり、飲み会に呼ばれたりすることも多くなってきていることと思います。

自分は恥ずかしいから、ということで、なんの仮装もしなければ、「つまらないやつ」というレッテルを貼られてしまうことになりかねません。

ぜひ上記の記事を参考に、自分なりにハロウィンアピールできるような理想のワンポイント仮装を見つけて、ハロウィンを大いに楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました